給湯器の水漏れは配管の破裂が原因かも

水道 修理が必要となるトラブルでよく挙げられるのが、給湯器にまつわるトラブルです。給湯器はお湯を作るのに必要な機器で、お風呂場は毎日使うものです。寒い冬に故障して使えないとお風呂に入れないので大変です。給湯器の水漏れトラブルはいくつかの原因が考えられるので、まずは症状をよく見極めましょう。

■配管が凍結している可能性

給湯器から水漏れしている場合、取り付けミスや劣化による部品の磨耗が原因として挙げられますが、寒い時期に症状が発生した場合は、配管の凍結が原因となっている可能性があります。特に関東以南の地域では北海道や東北のように寒冷地仕様のタイプにはなっていないことが多く、配管内に溜まった水が氷となって膨張することにより、破裂します。配管が破裂してしまうとそこから水が漏れるので、配管の交換が必要となります。

■自分で直すことはできるのか

キッチンやお風呂場で水のトラブルが発生したとき、蛇口の水漏れ等は中のパッキンを自分で交換し、修理をすることが可能です。しかし給湯器は仕組みが複雑であることも多く、配管の接続などが必要な場合は自分で直そうとすると大変危険です。給湯器自身も高温となるため、やけどをするなどの恐れがあり、水漏れを止めようとテープを貼っても溶けてしまう可能性が考えられます。

■まとめ
給湯器から水漏れが起きる原因は複数存在し、寒い時期に発生した場合は配管の凍結による破裂が疑われます。配管の交換や本体の交換が必要となりますが、給湯器の修理は素人では対応できません。やけどなどの危険を避けるためにも、早急に業者へ修理の依頼をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ