水道 修理と給湯器の水漏れトラブル

水道 修理をする場合と同じく、給湯器にトラブルが生じれば業者へ修理を依頼する必要がありますが、慌ててしまいどのように対応したら良いのか分からないという人も多いのではないでしょうか。まずは落ち着いて症状を見直し、給水バルブを閉めるなど応急処置を行いましょう。

■応急処置をとる

給湯器から水漏れが発生したら、はじめに給湯器についているコンセントを抜いてショートを防ぎます。次に、下方にある給水バルブを閉めます。給水バルブは硬く閉まっていることもあるので、自分で回せそうにないと判断をしたら、水道メーター近くの止水栓を閉めましょう。このような処置を行うことによって、暫定的に水を止めることができます。ただし給水バルブを閉めればお湯を出すことができず、止水栓を閉めれば家中の水が使用できないので、あくまでも水漏れの応急処置であることを忘れないようにします。

■修理をすべきか交換をすべきか

長期間利用をしていて耐用年数を過ぎ、本体から異音が聞こえたりお湯の設定温度が勝手に変動したりする場合は、修理をするよりも交換をした方が良い場合もあります。長期間利用をした機種の場合はパーツの製造期間が終了していることも考えられますし、最近の機種は節電に対応しているなどコストパフォーマンスに優れているものも多くなっています。どのようにすべきか迷った際には、業者の方へ相談してみるのが良いでしょう。

■まとめ
給湯器にトラブルが起きると慌ててしまうものですが、まずは自分にできる範囲で応急処置を行い、すみやかに業者へ点検と水道 修理の依頼をしましょう。トラブルの解決方法には修理と交換がありますが、交換をすると不具合がなくなり、快適に使えるようになるのが大きな特徴です。迷ったときには相談をしてみると適切な判断をすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ